猫にとって1匹と多頭飼いどちらが幸せか

猫1匹だけでひとりでお留守番していたら寂しがるかも…猫がたくさんいれば猫同士も仲良くして幸せなのかと考える方も多いかと思います。

猫1匹だけでひとりでお留守番していたら寂しがるかも…猫がたくさんいれば猫同士も仲良くして幸せなのかと考える方も多いかと思います。また、愛くるしい猫たちがじゃれあう様子を見られるのは私達にとっても癒されますし、猫好きにはたまらないですよね。

猫は、本来単独行動を好む生物だと知られていて、縄張りの意識がとても強いです。
飼っている猫が他の猫が入ったときに仲良くやっていけないと、ストレスになってしまいますので、飼っている猫が集団生活に適しているかどうか見極める必要があります。

はじめから多頭飼いをする場合

集団生活の中ではやはり猫同士の相性というものが出てきますので、対面してみないとわからないものです。
年齢については同じくらいの方が遊びの傾向が似てくるので、仲良くなれる確率も高まります。

子猫のうちから一緒に過ごしていくと最初は仲が悪くても、改善されて相性がよくなっていくことも多いです。
また、最初から家の中で同じような環境で過ごせば、兄弟のように共に生活する事が多いです。
はじめから飼うのであれば、年齢が近い猫を選ぶことをおすすめします。

上手に多頭飼いをする方法

まず、新しい猫が来る前に前もって、それぞれの猫のにおいに慣れさせると良いでしょう。
双方のにおいがついたタオルをそれぞれに渡しておくことで、対面時のストレスを緩和することができます。

新しい猫を初めて対面させるときは、ケージ越しの対面にしましょう。
先住猫は自分のテリトリーを侵害しに来たと思い、威嚇をするかもしれません。
最初のうちはケージ越しで猫同士慣れさせること、また、先住猫の様子をしっかり観察することが大切です。
ある程度時間がたち、新しい猫をケージから出す場合も、しばらくは飼い主さんの目の届く範囲で行いましょう。
飼い主さんが目を離したすきにケンカになるかもしれません。

先住猫は、自分の居場所を新しい猫に奪われたと思ったり、飼い主からの愛情が新しい猫に注がれることに
嫉妬をしてストレスを感じることがあります。ストレスから病気を発症することもあるため注意が必要です。
新しい猫を迎えると、関心が向いてしまいますが、新しい猫が来てもバランスよく愛情を注ぎ、先住猫を安心させてあげましょう。

猫同士の相性

人間も他の人と仲良くしていけるかは性格や子どもの頃の環境等に依存しますが、猫も同じです。
猫は生後2〜7週目は「社会化期」といわれ、他の猫や人間、犬などの他の人間との接触により、
周囲の環境など、さまざまなものに対する適応能力を身につけ、社会性が定着しやすいと言われています。
しかし、社会性が定着した後も、単独で生活していた猫は社会性は失われていく傾向にあります。
飼い猫を他の猫や人間と接触をさせて慣れさせ、他の猫と仲良くしているのか確認したり、
社会性を身につけさせる必要があるのか判断しましょう。

まとめ

猫の多頭飼いは飼い主さんの準備・心構えが大切です。
多頭飼いを始める前に飼い猫が集団生活に適応できるのか、新しい猫との相性についてなど、
多頭飼いをするときのポイントを一度おさえておきましょう。

  • 注)上記比較表の内容は損害保険代理店・少額短期保険代理店の株式会社エレメントが、ペット保険各社の商品を分かりやすくまとめたものです。ご契約の際は引受保険会社のパンフレット、webサイト等で商品資料をご確認の上、お申込みください。また、重要事項等の説明もあわせてご確認くださるようお願い申し上げます。

取扱い保険会社一覧

アイペット
アイペット
FPC
FPC
日本アニマル倶楽部
日本アニマル倶楽部
ペットメディカルサポート
ペットメディカルサポート
あうて
au損保
ペッツベスト
ペッツベスト
アニコム損保
アニコム損保
アクサダイレクト
アクサダイレクト
もっとぎゅっと少額短期
もっとぎゅっと
ガーデン少額短期保険
ガーデン
ペット&ファミリー
ペット&ファミリー

あんしんペット

ご注意)当サイトは各社ペット保険の概要を説明しています。
ご契約の際は引受保険会社のパンフレット、webサイト等で商品資料をご確認の上、お申込みください。
また、重要事項等の説明もあわせてご確認くださるようお願い申し上げます。