ペットの「シニア(高齢)」ボーダーラインは何歳?

ペットの「シニア(高齢)」ボーダーラインは何歳?

犬や猫の寿命は人間よりも短く、人間の寿命よりもはるかに短いです。そのため人間の年齢に換算すると、大きさや種類によっても異なりますが、
小型犬で10歳前後、大型犬で8前後で人間の60歳程度の年齢と言われています。
人間の年齢と比べて、シニア(高齢)呼ばれるようになるボーダーラインは、8歳〜11歳ぐらいの年齢が成犬とシニアのボーダラインとなるでしょう!

高齢のペットは保険に入れない?

人間の保険と同じように、高齢になると入れるペット保険は限られます。また、年齢関係なく、持病や特定の罹患歴がないことが保険加入の条件になっており、シニアペットの保険加入は、高齢になったペットの「健康状態」というハードルも合わさり、より加入が難しくなっていきます。

新規加入可能年齢(上限) 8歳未満 9歳未満 11歳未満 13歳未満 17歳未満
2社 3社 1社 1社 1社

保険加入は高齢になる前に!が基本

シニア層・高齢層のペットに対応している保険会社はまだまだ少ないのが現状。余裕を持って7歳までに、終身保証の保険に加入しておくことが一番安心です。
しかし、幼犬時代から加入していると、保険金額より生涯保険料のほうが高く付く可能性も。選び放題!とはいきませんが、高齢でも加入できるペット保険もあるので、ペットの体質やご自身のライフスタイルに併せて、計画的な保険設計をしましょう。

  

比較表に戻る

ペットの健康を守るのは、家族の日々の積み重ね!

年齢とともに高まる、病魔のリスク。
1日でも長く、より健康に、ペットともに充実した日々を過ごすために、飼い主さんの負担が増えてしまっては本末転倒です。
家族みんなが安心して暮らしていくために、自身とペットにぴったりの保険を見つけて、安心できる環境を整えましょう!

ペットの「シニア」
ボーダーラインは何歳?

ペットの「シニア」ボーダーラインは何歳?

進むペットの高齢化
ペット保険の「高齢」の基準は?

詳しく見る>

パピーとシニアの必要保証を
徹底比較!

パピーとシニアの必要保証を徹底比較!

大人になるにつれて増える病気のリスク
どう変わるのかを徹底比較!

詳しく見る>

高齢のペットのための
保険選びのPoint

高齢のペットのための保険選びのPoint

多様なペット保険の種類
高齢のペットのために何を基準に選ぶ?

詳しく見る>

取扱い保険会社一覧

アイペット
アイペット
FPC
FPC
日本アニマル倶楽部
日本アニマル倶楽部
ペットメディカルサポート
ペットメディカルサポート
あうて
au損保
ペッツベスト
ペッツベスト
アニコム損保
アニコム損保
アクサダイレクト
アクサダイレクト
イーペット
イーペット
にほんペットプラス少額短期保険
にほんペットプラス
ペット&ファミリー
ペット&ファミリー

楽天少額短期保険

SBIいきいき少短

ご注意)当サイトは各社ペット保険の概要を説明しています。
ご契約の際は引受保険会社のパンフレット、webサイト等で商品資料をご確認の上、お申込みください。
また、重要事項等の説明もあわせてご確認くださるようお願い申し上げます。