ペット保険を比較して小動物に必要な保険を

近年珍しい小動物の飼育数が伸びてきています。なぜでしょうか?それらの動物を飼育するのは簡単なことなのでしょうか?


フェレット

小動物とひとくくりにしていますが、鳥類・爬虫類・げっ歯類・その他哺乳類など多種多様です。
これらの動物は人間と暮らす期間が犬猫ほど長くない為、具合が悪くなった時など対処が難しいです。見てくれる病院も少ないので、遠くまで出かけていく飼い主さんも少なくありません。
基本的に治療費は犬猫よりも安いですが、大きな手術などになったり長期間治療が必要な場合は高額になることがあります。その時の為にペット保険に入っておくと安心です。


小動物達とペット保険

一人暮らしなど少人数で暮らす人が多くなり、マンションなどで暮らす機会が多くなりました。そんな中で、鳴かない・小さくてスペースが狭くてもいい・散歩が不要など様々な理由から小動物が人気を集めています。

飼育数は増えましたが、まだ見てくれる病院は少ないです。万が一手術となった場合、症状などによっては高額になることもあります。いくら体が小さいからといっても、愛情込めて育てた家族の一員。何とか助けたいですよね。費用の面だけでもサポートが受けられたら心強いと思いませんか?小動物が入れるペット保険にはどのようなものがあるのでしょうか?

小動物が入れるペット保険

犬猫以外の動物をここでは小動物とざっくり分けていますが、その種類によって性質などがかなり異なりますよね。現在の日本では犬猫以外では哺乳類の小動物のみを受け入れているペット保険会社と、哺乳類だけでなく爬虫類や鳥類を受け入れているペット保険会社があります。

しかし会社としては片手で収まる程度の会社しか、小動物のプランを用意していません。今は選択肢が非常に限られていると言えます。ただ保険を提供しているからにはしっかりと補償を受けられるプランが用意されています。

入院・通院・手術をすべて補償してくれるプランや、手術に特化したプランなどその保険会社の中でいくらか選択肢があります。ですが、その補償金額を見てもこれで十分なのか分からないと思われる方も多いと思います。小動物の種類によってかかる病気や治療費は異なります。それぞれの小動物で高額になりやすい疾患と治療費を見てみましょう。

うさぎなどげっ歯類の病気と治療費

もし手術となる場合にはレントゲンなどの撮影が必要になります。何枚撮るかで値段が変わりますが5000円程度になることも珍しくないようです。

血液検査なども行う必要があるでしょう。調べる項目や血液・便・尿のどれで調べるかにもよりますが、こちらも5000円超えることもよくあることのようです。血液検査などで詳しい成分を出す場合、外部の検査機関に依頼することもあります。その場合は高くなることも。

いざ手術となったとき、手術する場所と病気の進行具合によって変わります。皮膚にできた良性の小さなできものをとるというような手術から、全身麻酔で内臓や奥の歯などを手術する難しいものまであります。いずれにせよ2万円程度は少なくともかかるのがふつうかと思います。

入院費は1日3000円〜5000円程度が多いです。前後の検査や入院費、経過観察のための通院などを合わせえると、10万超えてもおかしくはないというのが現状のようです。

げっ歯類の場合、歯が伸び続けるので伸びすぎてしまった歯が原因で噛めなくなる、皮膚を傷つけるなどして手術が必要になる場合があります。奥歯は全身麻酔が必要になることが多いので、治療費はトータル10万円程度は見ておいた方がいいかと思います。

それ以外には、毛づくろいの時飲み込んだ毛がおなかにたまり消化器官をふさいでしまうという病気も多いです。猫などは吐き出すことが可能ですが、げっ歯類は吐くという動作が出来ません。薬で蠕動運動を促して排出させるか、それが出来ないほど溜まっていると摘出手術を受けることになります。口から吐き出すという事が出来ない分危険な状態になることが多いので早めに治療をする必要があります。

また骨が非常に細くもろいため、骨折のリスクが常に付きまといます。高いところから落ちなくても、逃げようとしたところを捕まえる際強く抑えてしまったことが原因で骨折することもあります。かなり起こりうる事故ですし、治療費も10万超えることも珍しくないので手術費用をしっかり補償してくれるペット保険に入っていると安心です。

爬虫類とペット保険

爬虫類は寄生虫などに注意が必要です。栄養が足りていない・日光にまったく当たっていないなどにより抵抗力が弱くなっていると起こります。基本的に薬を飲ませて治療します。薬を飲ませる前に寄生虫を特定したりといろいろ検査します。血液検査が一番高いでしょうか6000円〜7000円程度は見ておきましょう。そのほかにもレントゲンや便検査などをします。薬は1000円〜2000円程度が一般的かと思います。

寄生虫は一種類だけでなく、複数感染している場合も多いためそれによって薬の量は変わります。それと診察料を合わせると1万円後半から2万円近くになることもあると思います。手術だけ補償のプランでなく、手術の伴わない通院や入院も補償するプランに入っていると負担が非常に軽く済みます。

そのほか爬虫類で特に多いのが、誤飲・卵詰まりなどです。これらは手術で回復する可能性のある病気です。逆を言うと、回復する可能性はあるけど手術以外の選択肢はあまりないと言えます。

リスクは高いですが、爬虫類を多くみている病院なら成功例もたくさんあるので気になる方は爬虫類に力を入れている病院を調べてみてください。開腹手術となると2万円近くなります。難しい場合はもっとかかります。難易度にもよるので確かなことは言えませんが、麻酔の費用なども併せて安くて2万円と考えておく方がいいかと思います。難しい物になった場合、手術を手厚く補償しているペット保険に加入していると安心です。

鳥類とペット保険


フェレット

おなかが緩くなったり、卵が詰まったり、腫瘍が出来たりと治療が必要になる病気は沢山あります。それぞれ検査をするとなると、どんな検査かにもよりますが1500円程度1つの検査で
必要と思っておいた方がいいでしょう。検査内容によって大きく異なるので、
気になる場合はどの検査がどれくらいかあらかじめ確認しましょう。


投薬だけでいい場合、薬は1000円程度からかかります。どのくらい治療期間が必要かなどにもよりますが、投薬治療などは8000円程度トータルでかかるかと思います。また、卵詰まりや腫瘍が出来たなどの場合、開腹手術が必要な場合が多いです。全身麻酔となりますが、鳥類の手術になれているところであれば成功する確率も上がってきます。開腹手術の場合、セキセイインコなど小型の鳥類であっても10万以上することが多いです。

手術後は5日間程度は入院が必要になることが多いので、手術と入院を補償しているペット保険に入っていると治療に専念できると思います。

ペット保険に入っておく方がいいのか?
小動物の場合治療に10万円掛かることも珍しくありません。しかし、10万円弱くらいで済むのなら自分で溜めていた方がいいのでは?と考える方も多いかと思います。ただ、どんなに気を付けていても何度か病気やけがをして治療が必要になるかもしれません。その場合、保険に入っている方が負担が軽く済むでしょう。

また、安心して任せられる病院が家から遠い場合交通費がかなりかかりますよね。小動物はどの病院でも見てくれるわけではないので、もし一番近い病院ですら遠い場合いざというとき治療費だけでもペット保険で賄う事が出来たら負担が減るのではないでしょうか?転ばぬ先の杖として小動物であってもペット保険に加入するのはいかがでしょうか?

犬(ワンコ)・猫(猫ニャン)・小動物等の種類について   犬(ワンコ)・猫(猫ニャン)・小動物等の病気について・その他
 
 

【ワンコの病気】

【猫ニャンの病気】

【コラム】

ご注意(必ずお読み下さい。)

  • ※掲載している比較内容は平成23年7月1日現在の内容です。
  • ※ペット保険を比較・検討される際は、保険料だけでなく商品内容全般についてご確認いただき、補償内容なども十分ご検討下さい。
  • ※当サイトに掲載している比較情報は、ペット保険募集代理店の株式会社エレメントが参考資料としてまとめたものです。
  • ※保険商品の全ての情報が記載されているものではありません。詳細や重要事項の説明等は、各社ホームページやパンフレットなどの商品資料よりご確認ください。
  • ※保険料は月払いの保険料を表示しております。年間一括払いのみ選択可能な保険商品は、年間保険料を12で割った月額換算の保険料を表示しております。
  • ※保険料は、お客様が選択可能なオプション特約は全て除いた上で表示しております。
  • ※保険料は、各種割引制度(多頭割引、福祉割引、WEB割引等)は適用しておりません。
  • 注)上記比較表の内容は損害保険代理店・少額短期保険代理店の株式会社エレメントが、ペット保険各社の商品を分かりやすくまとめたものです。ご契約の際は引受保険会社のパンフレット、webサイト等で商品資料をご確認の上、お申込みください。また、重要事項等の説明もあわせてご確認くださるようお願い申し上げます。

取扱い保険会社一覧

アイペット
アイペット
FPC
FPC
日本アニマル倶楽部
日本アニマル倶楽部
ペットメディカルサポート
ペットメディカルサポート
あうて
au損保
ペッツベスト
ペッツベスト
アニコム損保
アニコム損保
アクサダイレクト
アクサダイレクト
イーペット
イーペット
にほんペットプラス少額短期保険
にほんペットプラス
ペット&ファミリー
ペット&ファミリー

あんしんペット

SBIいきいき少短

ご注意)当サイトは各社ペット保険の概要を説明しています。
ご契約の際は引受保険会社のパンフレット、webサイト等で商品資料をご確認の上、お申込みください。
また、重要事項等の説明もあわせてご確認くださるようお願い申し上げます。